So-net無料ブログ作成
検索選択

天空の城、ドローン目撃後絶たず 落下で損傷懸念 [ニュースa]

天空の城、ドローン目撃後絶たず 落下で損傷懸念

 最近は何でもかんでもドローンらしい。
 自分もドローンがあったら、と思わないでもないが、買ってまで使いたいとは思わない。
 それにしても、竹田城は有名になり過ぎた。
 転落防止用のロープが張られる等、見た目も良くなくなっているし。(^~^;)




nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「聖徳太子」復活へ 次期指導要領 「厩戸王」表記で混乱 [ニュースa]

「聖徳太子」復活へ 次期指導要領 「厩戸王」表記で混乱

「聖徳太子」も「厩戸王」も結局後世の歴史家の連中が名付けたみたいなもんだし。
 実在していた人物なのかもそもそも疑わしくなっている。
 それにしても、日本では教育方針が変わり過ぎ。
 詰め込み、ゆとり、脱ゆとりと、慌しい。(^~^;)




nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

極右、第1党に届かず=与党勝利か―オランダ下院選―出口調査 [ニュースa]

極右、第1党に届かず=与党勝利か―オランダ下院選―出口調査

 極右政党がいくら注目されても、実際に第一党に達する事はなかなか難しい。
 心配し過ぎじゃないか。(^~^;)




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

G20声明案、「保護主義に対抗」を削除 米国に配慮か [ニュースa]

G20声明案、「保護主義に対抗」を削除 米国に配慮か

 アメリカに配慮した結果らしい。
「保護主義に対抗」を削除したという事は、各国は保護主義にガンガン走ってもよい、という事になるのか。
 いらぬ配慮。(^~^;)




nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ミスド、大規模構造改革でキッチンなしの店舗も [ニュースa]

ミスド、大規模構造改革でキッチンなしの店舗も

 キッチン無しの店舗が増えるという事は、店内で作るのではなく、別の場所で作られた物を並べるだけの店舗が増える、という事。
 コンビニのドーナツと変わらない。
 それだったらコンビニに行く、という客が増えるだろうに。
 ミスタードーナツは、ポイントカードの廃止、そして今回のキッチン無し店舗の増強等、やる事が素人目に見ても間違っているだろう、と言いたくなる事ばかりしている。
 下手な構造改革より、原点回帰した方がいいのではないか。(^~^;)




nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

<金正男氏>指紋、日本が提供 マレーシアが身元特定に活用 [ニュースa]

<金正男氏>指紋、日本が提供 マレーシアが身元特定に活用

 仮に日本が提供した指紋が決め手となったとすると、少なくとも日本に不法入国した人物が今回暗殺された人物と同じ、という事になる。
 ただ、不法入国した人物が正真正銘の金正男だという保障は無いが。(^~^;)




nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

行列のできる法律相談所:家庭内別居中に浮気されたら慰謝料は貰える?! [行列のできる法律相談所]

1. 行列のできる法律相談所:家庭内別居中に浮気されたら慰謝料は貰える?!

家庭内別居中に浮気されたら慰謝料は貰える?!

 女性Aは男性Bと結婚は結婚していたが、3年間も会話が無かった。
 いわゆる家庭内別居状態。
 食事も、洗濯も、それぞれが別々に行い、寝室も別々だった。
 また、双方とも仕事を持っているので、生活費も完全に別。
 ただただ同居しているだけだった。
 そんなある日、女性Aは男性Bが別の女性と一緒にいるのを目撃。
 男性Bは浮気していた。
 これをきっかけに、女性Aは男性Bは離婚する事に。
 女性Aは、浮気していたのだから、慰謝料を支払えと要求。
 男性Bは、完全に別居状態だったのだから支払う必要な無い、と反論。
 家庭内別居中に夫が不倫した場合、妻は慰謝料を貰えるのか?

北村弁護士の見解:貰えない
会話が3年間一切無い、これは偶々同じ家に住んでいる男女というだけの事です。そんな2人なのに、男性が別の女性と男女関係になったからといって、女性は本当に傷付きますか?だから、慰謝料の必要は無いのです

 北村弁護士の見解は、理解出来なくもないが……。
 あくまでも家庭内別居。
 一緒に住んでいる訳だから、実情はともあれ、夫婦関係が完全に冷え切っている事を立証するのは難しい。
 3年間住まいまで別だったなら、夫婦関係が冷え切っている事実は証明し易いので、浮気していても慰謝料が生じないという理屈は理解出来る。

菊池弁護士の見解:貰える
世の中の夫婦には色々な段階があって、冷めている夫婦、ラブラブの夫婦、マイペースな夫婦、色々な夫婦がいます。『これで夫婦関係が終わり』と言い切って良いのかと言えば、まだ問題があると思います

本村弁護士の見解:貰える
問題は、婚姻関係が破綻していたと言えるかどうかです。家庭内別居では、到底破綻とは言えません。全部別々ですと言いながら、トイレは一緒だったりしますよ。それが平気でいられるのは夫婦だからです。離婚していないのに浮気しているのだから、慰謝料を請求するのは当然です

 菊池弁護士本村弁護士の見解は、合理的といえば合理的。
 いくら家庭内別居状態だったとしても、それを部外者に立証するのが困難なら、普通の夫婦と見なさざるを得ない。
 となれば、片方が浮気をしていたら、慰謝料の支払いが生じるのは当たり前。

 VTRでは今回の夫婦の関係は完全に冷え切っているのが分かるが、通常の夫婦ではこうしたVTRが無い以上、家庭内別居を立証するのは難しい。
 冷え切っている事を部外者にも分かり易いようにするには、別居しかない。(^~^;)




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

行列のできる法律相談所:育児を全くしない夫と離婚出来るのか?! [行列のできる法律相談所]

1. 行列のできる法律相談所:育児を全くしない夫と離婚出来るのか?!

育児を全くしない夫と離婚出来るのか?!

 女性Aは、子供を出産。
 育児を夫に手伝ってもらいたかったが、夫は自分の趣味に没頭し、手伝いする気配すら見せない。
 女性Aが高熱の時も、夫は育児を手伝わず、結局女性Aは自分の母親を呼ぶ羽目に。
 夫は、生活費をちゃんと入れてるから、それ以上の事をする義務は無い、と言い切る。
 これに女性Aは激怒。出産前は、夫は育児を分担する、と約束していたのだ。
 夫が育児に参加しないと、女性Aは育児休暇が明けても仕事に復帰出来ない。バリバリのキャリアウーマンの彼女にとっては、大きな痛手だった。
 女性Aは、このまま仕事復帰出来ないくらいなら、離婚して、子は実家の両親に預ける、と言い出した。
 果たして、育児を全くしない夫と離婚出来るのか?

北村弁護士の見解:離婚出来る
女性は『このまま仕事に復帰出来ないなら離婚して』と言っている訳です。これは、人の生き方の問題なんです。仕事っていうのはお金を稼ぐという重大な意味がありますけど、それだけではなくて、人の生き甲斐とか、自己実現の意味もある訳ですね。『仕事をしながら子育てをする』という選択が出来る訳なんですよ。その時に男が『絶対にNO』と言うんだったら、離婚するしかないんですね

菊池弁護士の見解:離婚出来る
男性が完全に育児を妻に任せっ切りで良い、という事は有り得ない。育児に対して夫婦がどう関わるか? という事について、この2人はまるっきり違う考えになっちゃっている訳なんです。ですから、誠に残念なんですけれども、早く離婚して別の人生を歩むチャンスを早く与えてあげた方がいいと思います

 北村弁護士菊池弁護士も、離婚を安易に捉え過ぎの感が。
 本当に弁護士なのか、と疑いたくなってしまう。
 弁護士なら、離婚のメリット、デメリットをきちんと伝えた上で判断させるべきだろう。それとも、最近の弁護士は報酬さえ貰えれば顧客の要望をガンガン受け入れるのか。
 女性Aの思惑通り、離婚して、子供を両親に預け、自分は仕事復帰出来れば問題は無いが、必ずしもそれが出来るとは思えない。
 子供が小さい内はそうすれば何とか乗り切れるのかも知れないが、子供が成長していき、片親しかいない事が成長にどう影響するかの配慮が全くなされていない。
 そこまでして仕事復帰しなければならないのか、という指摘が無いのはおかしい。
 また、「男性が完全に育児を妻に任せっ切りで良い、という事は有り得ない」と言い切ってしまうのもどうか。男性が育児に参加する、というのは最近の傾向であり、定着するという保証は無い。10年、20年先には逆戻りしている可能性も充分有り得る。

本村弁護士の見解:離婚出来ない
離婚は絶対出来ません。夫が育児に非協力的であるという妻の不満はよく分かりますよ。だからといって、いきなり離婚しろというのはあまりにも乱暴な話ですよ。話し合いも何もしないでいきなり『離婚しろ』と言っているじゃないですか。この女性はバリバリのキャリアウーマンという訳ですから、仕事に復帰すれば週5日、1日8時間フルタイムで働く訳でしょ。そしたら保育園に入れるか、とかそういう話を普通は夫婦でするものでしょ

 本村弁護士の「絶対出来ない」というのも極論だが、それ以外の見解内容は論理的。
 女性Aは1年間に亘って不満を募っていたが、それを漸く口にしたばかり。
 不満を夫に明確に伝えたのだから、話し合いにより妥協点を見出すべきなのに、話し合いも無くいきなり「離婚OK」は無茶がある。
 夫に、結婚を継続し難い理由がある訳でもない。育児参加には消極的だが、仕事はしているし、生活費は入れている。また、暴力を振るっている訳でもないし、不倫している訳でもない。夫としては、寧ろマシな方である。
 この程度で離婚を一々認めていたら、結婚を継続出来る夫婦なんていなくなる。

 今回の夫婦は、夫もそうだが、女性の方も子供の未来を見据えて行動しているとは思えない。
 自分さえ良ければ子供にすら犠牲に強いる、キャリアウーマンの悪例そのもの。
 これこそが最近の夫婦であり、親なのか。(^~^;)




nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ